■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<前月 2017年12月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




能登忠の紹介




創業明治15年の須坂市の懐石料理の老舗「能登忠」が信濃毎日新聞の老舗を訪ねてにて紹介されました。

信濃毎日新聞(平成27年2月24日)の記事内容を転載させていただきます。





老舗を訪ねて
日本料理を守り伝える
「日本料理を守り伝えることが信条」。須坂市中心部で130年を超える歴史を持つ「能登忠」の4代目店主、田幸新一さん(63)は力を込める。格式張っていると思われがちな懐石料理に親しんでもらう工夫を凝らし、気軽に楽しんでもらう努力を重ねている。
その取り組みとして「華懐石」と呼ぶ料理を考案した。一汁三菜をはじめとする茶懐石の基本を踏まえながら、簡略化したり季節の品を取り入れたりして気軽に茶懐石を楽しんでもらおうとの試みだ。今は桃の節句に合わせて、長いもを使ったひし餅などが並ぶ。値段も能登忠の通常の茶懐石に比べて半額ほどの4500円〜6500円で、「女子会」などでも人気という。
本格的な茶懐石や会席のほか、結納や節句をはじめとする慶事、法事での利用客も多い。10人弱の従業員は利用客の小さな要望を共有する。おかみの久子さん(59)は「お客様がしていただいてうれしいことを念頭に置いている冠婚葬祭は人生の縮図。満足していただける努力は欠かさない」と話す。

創業は1882(明治15)年にさかのぼる。初代の忠三郎(ちゅうさぶろう)さん(故人)が、芝宮墨坂神社の境内近くに開業した。神社の前を通る道路の拡張工事に伴い、20年ほど前に数十丹榮亜改築した。
新一さんが常に念頭に置いているのは、父親で3代目の邦武さん(故人)からよく聞かされたという「銀を鉛にするかな」という言葉だ。邦武さんは、直木賞や芥川賞の選考場所として有名な東京の老舗料亭「新喜楽」で修業。新一さんは、素材そのものの良さを生かす。という意味が込められているこの言葉の大切さを教えられた。「地域の伝統野菜をはじめ良い素材を使うことはもちろん、料理手順を含めて全てに基本であること」を心掛ける。
長い歴史がある能登忠が転機を迎えたのは、1976(昭和51)年に発覚した大規模汚職事件として知られるロッキード事件だ。それまで利用客の大半を占めていた公官庁の接待が大きく減ったという。
利用客の変化と同時に新一さんが感じたのは、日本料理の衰退だった。冷凍食品や出来合いの料理が増え、「おふくろの味」に代表される家庭の味が失われていると危機感を覚えた。地域に残る料理屋として先代から受け継いだ日本料理を守るだけでなく、伝えることの重要性を感じるようになった。
気軽に茶懐石を楽しめる華懐石のほか、同市の田中本家博物館と協力して江戸時代の料理を紹介する活動にも力を入れている。久子さんは、4月に市内で開校する須坂創成高校で箸の使い方などを教える講座の講師を務める。
和食は2013年12月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。新一さんは「外国で評価していただいたことを機に、国内でも再び見直されるとうれしい」とする。店は昨年11月、県から「信州の老舗」の表彰を受け、「今までは店を守るということへの重圧が大きかった。これまでの先代が評価されたことを受け、原点に返る気持ちでゼロからスタートしたい」と意気込む。

能登忠
須坂市須坂304
TEL 026-245-0053
午前11時〜午後9時(ラストオーダー)
不定休
原則、事前の予約が必要。






| 須坂のお店探検隊 | 08:12 PM | comments (x) | trackback (x) |
勝善寺探訪の会


2014年に須坂市文化財審議員の相原文哉先生により、須坂市の勝善寺にて全国的にも珍しい彫刻が発見されました。

「角端<カクタン>」

といわれる獅子や麒麟に似た一角獣の彫り物です。
長野県内で2015年現在確認されている実物はたった2例。一つは善光寺、そしてもう一つが勝善寺となります。

そこで、下記の日程で勝善寺探訪の会として、相原先生に角端をはじめ勝善寺に残されてる彫刻の解説をしていただくことになりました。


日:2015年3月15日(日)
時間:午後1:30
場所:勝善寺本堂
参加費:300円(資料代)

申し込みは不要ですので、お気軽にご来場ください。







| 須坂町並み探検隊 | 04:31 PM | comments (x) | trackback (x) |
土屋印店の紹介



創業明治28年の須坂の老舗はんこ店が信濃毎日新聞の老舗を訪ねてというコーナーで紹介されました。


信濃毎日新聞(平成26年11月11日)の記事内容を転載させていただきます。



老舗を訪ねて

手彫り一生使える良品を

土屋印店(はんこ製造・販売)
須坂市1895(明治28)年創業

「お客さんが望むはんこを作るため努力している」。須坂市の中心市街地にある「土屋印店」は、5代目店主の土屋重忠さん(66)と、長男で6代目の武志さん(39)の2人が中心となって営むはんこの製造・販売店だ。創業は1895(明治28)年にさかのぼる。昔ながらの手彫りと機械によるレーザー加工を併用し、幅広いニーズに応えている。
手彫りは武志さんが担当。主に木を材料とした「木口」で手彫りの手法を取り入れている。手彫りを外注することもできるが、土屋印店は店内での自社製造にこだわる。依頼を受けて製造することで客からの要望を細かく聞くことができ、客と作り手とが対面することで信頼感が生まれると考えているからだ。
客の注文を受けてから、種類の違う計7本の小刀「印刀」を使い分け、通常は一週間で仕上げる。武志さんは「手彫りのはんこを購入する人は多く、作り手としては非常にありがたい」と話す。
創業以来、手彫りを続けてきたものの、重忠さんが先代の故・弘夫さんから店を継いだ1998年当時、木口の製造を外注の職人に依頼した時期もあった。重忠さんはそれまで市内の機械製造会社の技術職人だったが、弘夫さんが病気になったために店に入った。
「将来は店を継ぐ考えだった。だが、個人商店では2世代が同時に働けるほどの余裕があるわけではなかった。一方、別の会社で働きながら手彫りの技術を磨くつくることも難しかった」と振り返る。店を継いでからは長野市や中野市のはんこ店で基本的な技術を学ぶ一方、それまでの技術職を生かしてレーザー機械を取り入れた。業務用で広く使われているゴム印を製造する際に利用している。店では業者から仕入れた比較的安値な完成品のはんこもそろえている。

会計事務所に勤務していた武志さんは、重忠さんが体調を崩したことから2007年に退職した。土屋印店で働きながら、2年間、神奈川県内の職業訓練校に通った。週1,2回の授業を受けるために、重い印刀を手に新幹線や高速バスに乗った。
武志さんは、手彫りの技術の向上とともに他のはんこ店主との交流を目的に、08年から手彫りの印章などの出来を競う大会に積極的に出場している。今年の第20回全国印章技術大競技会で、計179点の中で最高賞を受賞。「はんこは一生使う物。お客さんには良い品を使ってほしいし、そのためには自分の技術を磨き続ける必要がある」と力を込める。
今月27日と12月4日には須坂商工会議所(須坂市)の事業に参加し、はんこの選び方や押し方を教える催しを初めて開く。「はんこを身近に感じてほしい」と願っている。






記事の中にもありますが、6代目の武志さんは2014年に開催されたの第20回全国印章技術大競技会で最高賞を受賞するほどの技術の持ち主。
はんこは一生使えるものですので、全国一の彫り師が作り上げたはんこを手にしてください。


土屋印店
http://www.hankowa.jp/tcy.htm



| 須坂のお店探検隊 | 02:16 AM | comments (x) | trackback (x) |
黒壁塗り替え作業実施


須坂景観づくりの会で進めている須坂黒壁プロジェクトでは、これまでに100mほどの黒壁を須坂市内の通称「錦町大門通り線」に作りました。

2014年度の須坂黒壁プロジェクト工事として、2年前に造った黒壁の塗り替え作業を企画しました。


2年間の間、雨と風にさらされてきた板塀の塗料は剥げはじめています。
今回の事業では、ペンキの塗り替え作業と、途中の鉄扉の塗料塗り替えを行い、再びきれいな板塀となりました。


須坂景観づくりの会では、以前に行った事業の見直しならびに修理、補修もできる限り行っております。そのような事業も住民参加型で行うことで、須坂市への愛着が生まれると考えております。















| 須坂景観づくりの会 | 09:22 AM | comments (x) | trackback (x) |
須坂えびす講


毎年11月1日から3日は須坂えびす講が開催されます。
2日には須坂西宮神社例大祭がとりおこなわれました。
神事の後には、本殿の拝殿にて浦安の舞の奉納が行われます。

3日は様々なイベントが企画され、参拝者も行列を作りました。
昨年から復活した御神籤(おみくじ)も行い、午後3時頃には用意した3000本の福笹もすべて無くなりました。



浦安の舞の奉納(11/2)




須坂市神御神籤




参拝者の列(11/3)




福笹の配布




| 須坂西宮神社奉賛会 | 08:12 PM | comments (x) | trackback (x) |
旧小田切家住宅の左官工事体験会



須坂市春木町で保存活用のための修復工事が行われている「旧小田切家住宅」にて、左官工事体験会が行われました。

その様子が信濃毎日新聞にて掲載されました

掲載された内容は以下の通り


信濃毎日新聞2014年(平成26年)10月12日朝刊より


左官体験 職人技知る
子どもら旧小田切家住宅で

須坂市と県建築士会須高支部は11日、修復を行っている市指定有形文化財の「旧小田切家住宅」で、左官工事の体験会を開いた。職人の技術を知ってもらう狙いで、市内の子どもや、授業で蔵造りについて学んでいる須坂園芸高校(須坂市)造園科の2年生ら計10人余が参加。こてを使った土塗りに挑戦した。
この日は修復中の水車小屋の壁を塗る作業を体験。市内で左官業を営む岩船和昭さん(57)が「こての真ん中に材料の土をのせて」などと動きを交えながら指導した。初めはぎこちない動きだった参加者たちも、次第に慣れて作業に夢中になっていた。
初めて土塗りをした同市旭ヶ丘小3年の近藤和奏さん(8)は「慣れるまでは大変だったけれど、修復の手伝いができて楽しかった」。さらに須坂園芸高校の生徒は、竹などで壁の骨組み作る「小舞掻き(こまいかき)」の作業も体験した。
旧小田切家住宅は、蔵の町並みが残る須坂市中心部にある明治期の木造住宅。約1300平方辰良瀉呂法2階建ての母屋や水車小屋、土蔵などが残り、保存活用のために今年から修復工事をしている。





歴史的な建物を後世に残す意味は、昔ながらの職人の技術を残し伝えることも含まれます。
このような体験会を実施することと同時に体験会を多くの方々に知っていただくことも大切です。
これからのこのような事業を多く行っていただきたいものです。



| メディアによる紹介 | 11:55 AM | comments (x) | trackback (x) |
すざか女性未来館の講座



勤労女性の職業支援や福祉の増進に関する事業を行っている、すざか女性未来館の「須坂のまちなみ散策」にて案内役をさせていただきました。

遠方より須坂に嫁がれている方は、須坂に住んでいながら須坂についてよく知らないとのこと。

須坂の歴史や文化、町並みについて2時間ご案内をさせていただきました。
「普段は車で通りぬけるだけだった町も、歩いてみると面白い」と楽しんでいただきました。

これからも須坂の魅力を多くの方々に知っていただきたいです。













掲載写真はすざか女性未来館よりいただいたものです。



| 須坂町並み探検隊 | 10:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
ゲストハウス蔵の紹介



2012年に須坂市にオープンしたゲストハウス蔵のオーナー山上万里奈さんが信濃毎日新聞の地域に生きるというコーナーで紹介されました。

信濃毎日新聞(平成26年8月19日)の記事を転載いたします。




地域に生きる 2014年(平成26年)8月19日
明治時代の古民家を改修したゲストハウスを経営
山上万里奈さん(33)須坂市本上町

明治から昭和にかけて製糸業で繁栄し、「蔵の町並み」が今も残る須坂市中心部の本上町。2012年10月、明治時代の古民家を改修して、簡易宿泊施設「GUESTHOUSE(ゲストハウス)蔵」をオープンした。宿泊客の約4割は欧米を中心とした外国人で、「「須坂は人情味があって自然が近くにある」と気に入っていただいている」と話す。
木造2階建ての古民家は、男性用、女性用それぞれの相部屋が1室ずつと、3人までが泊まれる個室を備える。部屋には畳が敷かれ、神棚もある。昔ながらの雰囲気を感じてほしいと、改修は最小限にとどめたという。
須坂市塩野の出身。中野西高校(中野市)を卒業後、独協大(埼玉県)に進学し、日本語教育に興味を持った。卒業後は都内や千葉県の日本語学校で教師を務め、中国の山東省や浙江省でも日本語を教えた。
同じ日本語学校で働いていたスリランカ人の男性と10年に結婚。国際結婚をきっかけに、日本を訪れる外国人をもてなしたいと思うようになった。日本語学校を退職して半年間、世界遺産の白川郷(岐阜県)を抱える飛騨高山の旅館に勤務。外国人と接する中で「歴史的な建物が残る故郷で、ゲストハウスを経営したいという思いが強くなった」。
11年に須坂に戻り、ゲストハウスとして借りられる物件を探した。十数回は断られたが「須坂市出身です」と話すと親身になってくれる住民も多かったという。改修の際にも近所の住民や商店主が手伝ってくれた。
宿泊者の中には、1週間ほど滞在して善光寺(長野市)や松本城(松本市)を観光する外国人もいる。須坂市内には外国人の観光客が少ない分、ゲストハウスの利用客からは「日本の地方の雰囲気が楽しめる」と好評だという。
一方、市内で外国人向けの案内板などが足りないと感じており、飲食店などの外国語メニューの導入に力を注いでいる。須坂東高校(須坂市)の生徒らと協力して、市内の観光地を英語で紹介した冊子を作り、ゲストハウスに置いている。
気掛かりなのは須坂市内で増している空き家だ。取り組みとして、製糸業で栄えた須坂らしい建物を使って店を開きたいという人を対象に「空き家めぐり」を開いている。6月で3回目を迎えた。「須坂市全体がより魅力あふれる町になっておもてなしすれば、観光客の満足度はより高まる」と力を込める。





素晴らしい建物に引けを取らないオーナーの魅力。
須坂市の近隣にお越しの際には是非立ち寄ってみてください。

宿泊予約はこちら
http://www.ghkura.com/







| 須坂のお店探検隊 | 10:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
旧小田切家住宅 荒壁土づくり



須坂景観づくりの会です。
昨年須坂市で購入した旧小田切家住宅の工事が始まりました。
須坂景観づくりの会では、観光客が周遊できる観光ルートの提案も行っています。
そのルートのポイントの一つとして旧小田切家住宅を挙げさせていただきました。

旧小田切家住宅で復元工事が行われる水車小屋について、その荒壁づくりを地元の子供たちが参加して行える企画をいただきました。

およそ10人の子供たちが、左官職人の指導の下、新しい土と今まで壁に使用されていた土の混ぜ合わせ作業を手伝います。
粘土質の土を足で踏む作業は大変で、子供たちも真剣に行っていました。





















| 須坂景観づくりの会 | 09:08 AM | comments (x) | trackback (x) |
山下薬局の紹介



創業1703年という須坂市の老舗薬局「山下薬局」さんが信濃毎日新聞の老舗を訪ねてというコーナーで紹介されました。

信濃毎日新聞(平成26年7月26日)の記事内容を転載させていただきます。




老舗を訪ねて 2014年(平成26年)7月29日

蔵の町並みが残る須坂市中心部の中町。本通りの十字路に差しかかると、白壁の建物が目に入ってくる。1,2階部分は築200年を超え、市歴史的建造物に登録されている「山下薬局」の店舗だ。
創業は1703(元禄16)年。三河地方(愛知県)に住んでいた山下家が徳川家康の一向宗弾圧を逃れて須坂へ移住し、初代が現在の場所で始めた。以来、山下家当主は「八右衛門」の名を受け継ぎ、山下徹さん(77)が12代目の当主を務めている。
徹さんと13代目で長男の徹也さん(38)が薬剤師を務める。処方箋に基づく保険調剤と自家製の漢方調剤で地域住民の健康を支えている。何十年も利用している客も多く、「日ごろから接しているのでわずかな体の調子の変化も分かる」と徹さん。店舗内でお茶を飲んだり雑談をしたりして利用客の健康状態を知るようにしている。
店舗内には、300年余の歴史を感じさせる薬剤関係の医学書や調剤用の道具も数多く残る。江戸時代前期の「新刊万病回春」は、各種の病気をいろは順に解説し、「通風」という項目もある。1813(文化10)年に北信地方一帯に薬種商人がまとめた「薬種仲間取極帳」には「薬は人命にかかわる品物なので高額でも品質のよいものを仕入れるように」と記載されている。
江戸末期には、須坂藩御用達の商人としても繁栄し、藩に献金していたという。明治に入ってからも県に献納を続けた。創業時から「我が身の程を知れ」という口伝がある。徹さんは「もうけが出たからからといって事業をむやみに大きくするのではなく、地道な経営を心掛ける。もうけは地域に還元することも守り続けてきた」と話す。
大正時代、須坂町長を務めていた当主が政治に私財をなげうったため、経営が悪化。薬の仕入れが難しい時期もあったが、問屋が支払いを待ってくれたり、商店仲間が資金を貸してくれたりして立て直した。徹さんは「地域とのつながりがあったからこそ「信用」という言葉は自分から振りかざすものではないが、地域の方に信じてもらえた」と考えている。
「地域に根差す」という思いは一貫している。ゴボウ茶が健康に良いと聞いた徹也さんは数年前、須坂市の伝統野菜「村山早生牛蒡」を材料にゴボウ茶を発案、販売を始めた。村山早生牛蒡はあくが少なく、あく抜きの手間が省ける。茶も「渋味が少ない」と好評という。
山下徹也さんは「自分自身、これまで村山早生牛蒡をあまり知らなかった。地元に素晴らしい野菜があることを多くの人に知ってもらえば、須坂市の魅力発信にもつながる」と期待している。







記事の中にもありますが、山下薬局さんの新たな取り組みとして、須坂市の伝統野菜「村山早生牛蒡」をつかった「ごぼう茶」があります。
渋みが少なく飲みやすいごぼう茶です。
店舗や須坂市内の観光施設などで販売しているほか、全国発送も承っているとのこと。
ご注文は電話でどうぞ。

山下薬局
TEL:026-245-0032












| 須坂のお店探検隊 | 10:17 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑