■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2018年01月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




旧小田切家住宅の左官工事体験会



須坂市春木町で保存活用のための修復工事が行われている「旧小田切家住宅」にて、左官工事体験会が行われました。

その様子が信濃毎日新聞にて掲載されました

掲載された内容は以下の通り


信濃毎日新聞2014年(平成26年)10月12日朝刊より


左官体験 職人技知る
子どもら旧小田切家住宅で

須坂市と県建築士会須高支部は11日、修復を行っている市指定有形文化財の「旧小田切家住宅」で、左官工事の体験会を開いた。職人の技術を知ってもらう狙いで、市内の子どもや、授業で蔵造りについて学んでいる須坂園芸高校(須坂市)造園科の2年生ら計10人余が参加。こてを使った土塗りに挑戦した。
この日は修復中の水車小屋の壁を塗る作業を体験。市内で左官業を営む岩船和昭さん(57)が「こての真ん中に材料の土をのせて」などと動きを交えながら指導した。初めはぎこちない動きだった参加者たちも、次第に慣れて作業に夢中になっていた。
初めて土塗りをした同市旭ヶ丘小3年の近藤和奏さん(8)は「慣れるまでは大変だったけれど、修復の手伝いができて楽しかった」。さらに須坂園芸高校の生徒は、竹などで壁の骨組み作る「小舞掻き(こまいかき)」の作業も体験した。
旧小田切家住宅は、蔵の町並みが残る須坂市中心部にある明治期の木造住宅。約1300平方辰良瀉呂法2階建ての母屋や水車小屋、土蔵などが残り、保存活用のために今年から修復工事をしている。





歴史的な建物を後世に残す意味は、昔ながらの職人の技術を残し伝えることも含まれます。
このような体験会を実施することと同時に体験会を多くの方々に知っていただくことも大切です。
これからのこのような事業を多く行っていただきたいものです。



| メディアによる紹介 | 11:55 AM | comments (x) | trackback (x) |
須坂新聞による紹介【須坂西宮神社奉賛会】



須坂西宮神社奉賛会です。

2014年5月10日にえびす宮総本社西宮神社において開催された代々神楽祭において、須坂西宮神社奉賛会会長が全国の代表で玉串奉奠をしました。
その話題について、須坂新聞でご紹介いただきました。


以下記事を転用


全国の講代表で玉串奉てん
須坂西宮神社の小林奉賛会長 本社の太々神楽祭に参拝団

須坂西宮神社奉賛会(役員12人、会員63人)は、毎年5月に「太々神楽祭」が開かれる本社「えびす宮総本社西宮神社」(兵庫県西宮市)に参拝するが、10日、全国各地の講(参拝団)を代表して小林義則会長(38.須坂市立町)が玉串奉てんを行った。昨年の同祭で宮司のくじ引きにより戎賞(えびすしょう)を引き当てたことから大役を務めた。大役は20年ぶりという。
須坂西宮神社(春木町.芝宮墨坂神社境内)は明治29(1896)年11月に本社から勧請(かんじょう)され、115年が経過する。
須坂町の有力商業者が世話人となり、明治25年に須坂小売商業組合をつくり、同29年社殿を建立。現在まで続くヱビス講の祭典と遷宮大典を同29年11月19日〜21日に行った。
須坂西宮神社も祭事は、1月10日の初えびすから、4月2日、6月2日、9月2日、12月2日の春季・夏季・秋季・冬季月次祭▽11月2日の例大祭(ヱビス講は3日)▽12月中の大祓え▽12月31日の歳旦(さいたん)祭と続く。
奉賛会の会員は市内商店や個人。今年は小林会長と役員3人が本社に参拝した。
10日は本ヱビス講社の太々神楽祭。約600人が出席し、講員の繁栄と講社の発展を祈願した。小林会長の動作に一同が同拝した。
祭事後、4人は西宮神社会館で直会(なおらい)にも出席した。483人が一堂に会した。須坂奉賛会会長の席は最前列の宮司の隣が毎回指定席。また、須坂の役員席は前列中央が定位置という。
直会開始の発声も務めた小林会長は、平成24年1月の就任以来、2回目の出席(おととしは田中和仁副会長が代理であいさつ)。
13日の取材に小林会長は「須坂奉賛会の位置づけが本社の中でずっと上位にあり、到着から手厚い歓迎を受けた。先人が信頼を築かれたことをあらためて感じ、後世に伝えていかなければならない。玉串奉てんは、全国の代表として国家安泰と諸業繁栄を祈願した。お宮を介して人と人や地域のコミュニケーション、信頼を見直し、立派なお宮が須坂にもあることを広く再認識してほしい」と話す。



平成26年5月17日須坂新聞




| メディアによる紹介 | 12:37 AM | comments (x) | trackback (x) |
2013年度須坂黒壁プロジェクトの紹介




須坂新聞2013年11月23日号にて、11月17日に行った須坂景観づくりの会須坂黒壁プロジェクトの模様を紹介いただきました。



紹介記事は以下の通り


須坂景観づくりの黒壁プロジェクト〜2年目は4軒分45m(2013.11.23)

 須坂景観づくりの会(小林義則理事長、12人)は、昨年度から市内本上町の小路で黒壁プロジェクトを進めている。
 今月10、17日、本年度の事業で約45mを黒く塗った。4軒分の板塀や板戸、格子窓枠を会員や家族、小学生、一般参加者約20人がはけを持って作業した。
 黒い壁越しに白い繭蔵などが映える須坂の良好な景観づくりを目指す取り組みは2年目で延べ105mに。
 ゲストハウス蔵(本上町)に宿泊した東京の社会人4人組が飛び入りで参加した。
 奈良県出身の宮永遼資(りょうすけ)さん(27)は取材に「須坂のまちは奈良に雰囲気が似ていて地元に戻ったように落ち着いた。はけを手に無心になれた」と述べた。
 地元の野口梨衣(りえ)さん(須坂小1)は「はけは初めて使い、手が痛かった。台に乗って高い所も塗れた」。1歳半の子供を背負って高い所を塗った小林満里衣(まりえ)さんは「初参加。はしごの上でリンゴ取りをする感覚と同じ。だんだん面白くなってきた」と答えた。
 小林理事長は「2年目は民間企業の助成を頂き感謝している。板塀を黒く塗ると奥の白い歴史的建造物が映える。子供たちには通る度に塗った壁のことを思い出してもらえるとうれしい」と語った。





| メディアによる紹介 | 10:41 AM | comments (x) | trackback (x) |
緑化事業の紹介【須坂景観づくりの会】



須坂新聞2013年8月3日号にて、7月28日に行った須坂景観づくりの会緑化事業の模様を紹介いただきました。


紹介記事は以下の通り


黒壁と植物で魅力アップ
須坂景観づくりの会が本上町の小路に移植

須坂黒壁プロジェクトに取り組む「須坂景観づくりの会」(小林義則理事長)の8人は28日、本上町の小路で黒壁、黒塀の下に植物を移植した。昨年度に黒壁作りをした場所で本年度の緑化事業を行った。植物はオオムラサキツツジとふ入りヤブランの2種類。小林理事長は取材に「人工物と自然の調和を目指す取り組み。壁の同意とは別に同意を得て行った。黒壁、黒塀の広がりとともに緑が映える緑化も進められれば」と話す。
移植区間は約40メートル。作業は緑化活動に取り組むNPO法人すみれ(長原康俊理事長)の中島徹会員が協力した。土に肥料を混ぜてから、奥行きと深さの関係で移植地に適する植物を移植した。
中島さん(34)は取材に「市内に緑が増えることは大事なこと。緑は増えると小路を歩く人の気持ちも変わるのでは」と話す。







| メディアによる紹介 | 11:06 AM | comments (x) | trackback (x) |
須坂新聞による郷土愛育成事業の紹介




須坂新聞2013年7月20日にて、7月16日に行った須坂景観づくりの会郷土愛育成事業の模様を紹介いただきました。


紹介記事は以下の通り



須坂景観づくりの会(小林義則理事長)の6人は16日、須坂小5年生19人の授業「町の再発見 産業遺産と偉人」で通学区内を一緒に巡った。
 仕事着姿でガイドを務め、町並み景観の見どころや昔の遊び場所、歴史的建造物と須坂の偉人について説明した。
 同会はまちの自活力増進と郷土愛の育成を図るため、若手経営者ら12人が集まり、昨年5月に立ち上げた。
 塗り壁(白)の伝統的建物が引き立つよう小路の板塀や格子戸などを黒で統一する「須坂黒壁プロジェクト」を提唱し、昨年2回、本上町で延長70mにわたり作業した。2年目も秋に計画している。
 本年度は、須坂小の2〜6年生を対象に、須坂の町が好きな子供を育てる郷土愛育成事業を計画した。5年生が最初の授業でまちに出掛けた。
 奥田神社、遠藤酒造場、市ふれあい館しらふじ、上中町交差点、中町交差点、製糸王越寿三郎・泰蔵父子ゆかりの旧越家住宅、芝宮墨坂神社、参道、市ふれあい館まゆぐら、蔵の町並み、須坂クラシック美術館、旧信陽銀行(荒井家)など10カ所ほどを回った。
 担任の藤沢隆之教諭は取材に「昔から続く須坂のまちの様子をじかに見、地域の人を知り、その人から学ぶことを大事にしたい」と授業の狙いを語った。
 同会の会員は取材に「歴史を詳しく知るよりも、昔はここで遊んだなど興味を持ってもらうことが大事」(土屋武志さん)。「暑い中を一緒に回ったことを覚えていてほしい」(山崎喜彰さん)。「ぼたもち石やまちのことを一つでも覚えてもらえたらいい」(山下徹也さん)と期待した。
 教室に戻り、児童は「まちの中のことが分かった」「知らない所を知ってよかった」「屋根瓦の上に載る神様を教えてもらった」「ぼたもち石がたくさんあった」と感想を発表した。
 終了後、小林理事長は取材に「まちを一緒に歩いてみて、一方通行の会話でなく、子供たちの意見も聞けた。須坂を愛する親の世代を見て育った私たちも子供たちに生き方を示したい」と語った。







須坂景観づくりの会の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.suzakamap.com/project/index.html


PDFファイルにて、須坂黒壁プロジェクトの詳細もご覧になれます。
http://www.suzakamap.com/project/kurokabe.pdf




須坂景観づくりの会の活動は、須坂を愛する皆様からの募金によって成り立っています。
このプロジェクトに賛同いただけるようでしたら、1口1000円のご寄付を下記銀行口座にお振込みください。複数口も大歓迎いたします。

銀行口座:八十二銀行須坂支店
(普)943640
名義:「スザカケイカンヅクリノカイ」



何卒ご協力のほどお願い申し上げます。



| メディアによる紹介 | 08:59 AM | comments (x) | trackback (x) |
須坂新聞による第2期黒壁工事の紹介



須坂景観づくりの会の小林です。

2012年11月17日発行の須坂新聞にて、先日開催されました須坂黒壁プロジェクト第2期工事の模様が掲載されました。

記事の内容は以下の通り




黒壁作り1年目は4軒60メートル
須坂景観の会が市民と共同作業で

須坂景観づくりの会(小林義則理事長)は11日、須坂市本上町の小路で2回目の黒壁作りをした。参加者は同会理事や一般市民ら約45人。前回7月の約20メートル(2軒分)に続き、今回は約40メートル(2軒分)の板塀を黒で塗った。須坂クラシック美術館(東横町)から市ふれあい館しらふじ(本上町)まで統一ラインの小路を歩いて蔵のまち須坂を体感してもらおうと始めた。来年度以降も活動を継続する。今回はブロック塀の上から板を張った個所と新設、既存板塀の塗り直し箇所で行った。
小林理事長は「古い建物を大事にする意図は、ケヤキ材など入手困難な材料と職人の技術が詰まっていて、今では作れないものだから。黒壁プロジェクトによって壁や塀の後ろの白い家屋が映える。木造3階建ての繭蔵など須坂の町屋や町並みの見どころがある通りを、これを機会に歩いてほしい。活動を通じて誇りを持って生きることができると信じている」と説明した。
参加した牧竜矢君(森上小6年)は「きれいにできてよかった」。野本祐一さん(小山町)は「若い人が地元の活性化を考え行動し、形に見えれば共感が得られる。住民の意見も尊重し、少しずつ変わっていく姿を確認できるのがいい。みんなでできるのがいい」。北村貴志さん(春木町)は「子供の体験のつもりで参加したが、塗り始めると夢中になった。知らない人とも楽しめた」と取材に答えた。
会は30代の若手経営者ら12人で本年度結成した。景観づくり事業を通じ、市の自活力増進と郷土愛の育成を図ることを目的に、黒壁プロジェクト(2回)や町づくり講演会(6月、10月)を行った。活動資金は県助成金や寄付で賄っている。







須坂景観づくりの会の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.suzakamap.com/project/index.html


PDFファイルにて、須坂黒壁プロジェクトの詳細もご覧になれます。
http://www.suzakamap.com/project/kurokabe.pdf




須坂景観づくりの会の活動は、須坂を愛する皆様からの募金によって成り立っています。
このプロジェクトに賛同いただけるようでしたら、1口1000円のご寄付を下記銀行口座にお振込みください。複数口も大歓迎いたします。

銀行口座:八十二銀行須坂支店
(普)943640
名義:「スザカケイカンヅクリノカイ」



何卒ご協力のほどお願い申し上げます。



| メディアによる紹介 | 07:25 PM | comments (x) | trackback (x) |
須坂景観づくりの会始動のニュース



須坂景観づくりの会の小林です。


須坂景観づくりの会、第1企画「須坂黒壁プロジェクト」の話題が、信濃毎日新聞5月29日朝刊に掲載されました。
記事の内容は以下の通り




須坂市街地に「黒壁」設置 若手経営者らの会が計画

須坂市の若手経営者ら12人でつくる「須坂景観づくりの会」が、市中心部の市道沿い約500メートルに昔ながらの木製の「黒壁」を設置し、統一感があり、趣を感じられる通りにしようと計画している。明治から昭和にかけて製糸業が繁栄し、伝統的な街並みが残る須坂。より魅力のある景観とし、観光名所にしたいと考えている。

 市道(幅6〜7メートル)は立町と本上(ほんかん)町にまたがり、国道406号と、県立須坂病院の東側を通る市道を結ぶ。一部は、江戸時代に須坂藩邸に続く大門があったことから「大門(だいもん)通り」と呼ばれる。道沿いには、白壁の蔵造りの建物も多く残る。

 景観づくりの会は今月、須坂市の景観を考えようと発足した。黒壁の設置が初めての取り組みで、理事長の飲食店勤務小林義則さん(36)=須坂市立町=は「蔵の白壁がより映える」と話す。須坂病院側の一帯には須坂クラシック美術館などの観光施設が集まり、国道406号側にも古い街並みが残っているため、小林さんは「通りが魅力的になれば、須坂の街なかを歩くのがより楽しくなるはず」と期待する。

 市道沿いの約30世帯のうちこれまでに15世帯から了解を得ており、7月から設置を開始する。事業費は総額で1千万円以上になる見込みという。県の「地域発元気づくり支援金」約160万円を活用するが、設置できるのは50〜70メートルほど。残る部分400メートル余には寄付金を充てる考えで、現在、会員が経営する飲食店などに募金箱を置いている。小林さんは「寄付をしてもらうことで市民がより愛着を持てる景観になると思う」と話す。

 問い合わせは小林さん(電話026・245・7467)へ。







須坂景観づくりの会の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.suzakamap.com/project/index.html


PDFファイルにて、須坂黒壁プロジェクトの詳細もご覧になれます。
http://www.suzakamap.com/project/kurokabe.pdf




須坂景観づくりの会の活動は、須坂を愛する皆様からの募金によって成り立っています。
このプロジェクトに賛同いただけるようでしたら、1口1000円のご寄付を下記銀行口座にお振込みください。複数口も大歓迎いたします。

銀行口座:八十二銀行須坂支店
(普)943640
名義:「スザカケイカンヅクリノカイ」



何卒ご協力のほどお願い申し上げます。



| メディアによる紹介 | 10:03 AM | comments (x) | trackback (x) |
須坂新聞による、須坂景観づくりの会発足式の紹介



須坂景観づくりの会の小林です。


2012年5月22日に開催された須坂景観づくりの会発足式の話題が、須坂新聞5月26日号に掲載されました。
記事の内容は以下の通り




須坂景観づくりの会が発足〜統一感ある町並み創出へ黒壁運動開始

須坂景観づくりの会(小林義則理事長)は22日、市中央公民館に約90人が出席して発足式を開いた。

 同会の運営は主に市内で会社や商店を営む若手男女理事12人が理事会を開いて行う。景観づくり事業を通じて市の自活力の増進と郷土愛の育成に励む。先ごろ、県地域発元気づくり支援金事業に採択され、弾みがついた。中長期的取り組みとなる「黒壁プロジェクト」を進め、本年度は2回のまちづくり講演会を計画する。第1回は6月18日。
 黒壁プロジェクトは、新潟県村上市の黒塀プロジェクトがモデル。歴史的建物が集まる同市の小路でブロック塀を壊さずに木の板を打ち付け、黒く塗る「黒塀1枚1,000円運動」を所有者の協力を得て平成14年から続けているという。
 須坂の町並みガイドで観光客を案内する小林理事長は、住民の生活に触れることが来訪者に喜ばれることも実感している。
 人々が息づくまちに光を当て、統一感のある町並みを発信する手法として須坂黒壁プロジェクトを構想した。
 現在注目し、働きかける小路は、須坂クラシック美術館(東横町)
から須坂病院の南側を抜け、須坂病院東交差点から本上町公会堂を通り抜け、劇場通りを横切って国道406号(本上町・市ふれあい館しらふじ)に至る直線で500mの区間。
 黒壁、黒格子戸で通りに統一感が出ると、白しっくいの歴史的建物が引き立ち、通りの先へと来訪者を誘導する魅力的な景観が形成されるという。
 発足式で小林理事長は「活動は市全域の景観を考えること。市の発展と活性化のため、より多くの人が景観づくり事業を行ってほしい」と呼びかけた。
 田中和仁副理事長は「須坂の町並みの美しさは、白と黒のコントラストによってつくられる。まちの魅力を再発掘して住民参加型事業で愛され、活気にあふれ、住んでみたい、訪れたいまちを実現したい。山丸一番館(春木町)を結び、本町通り、銀座通りを周回するコースもできる」と説明した。
 来賓や顧問、相談役があいさつの中で若い力に期待した。
 現在、通りの関係者のほぼ半数に当たる15軒から同意を得ている。元気づくり支援金で本年度は50〜70mほど進め、活動は25年度以降も継続する。
 6月18日の「須坂の町づくり講演会」は、講師に国交省選定観光カリスマの吉川真嗣さん(新潟県村上市)を招く。中央公民館で午後2時〜4時。希望者は牧克也理事(☎090-1869-9513)へFAX(026-248-4020)で。






須坂景観づくりの会の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.suzakamap.com/project/index.html


PDFファイルにて、須坂黒壁プロジェクトの詳細もご覧になれます。
http://www.suzakamap.com/project/kurokabe.pdf




須坂景観づくりの会の活動は、須坂を愛する皆様からの募金によって成り立っています。
このプロジェクトに賛同いただけるようでしたら、1口1000円のご寄付を下記銀行口座にお振込みください。複数口も大歓迎いたします。

銀行口座:八十二銀行須坂支店
(普)943640
名義:「スザカケイカンヅクリノカイ」



何卒ご協力のほどお願い申し上げます。



| メディアによる紹介 | 03:36 PM | comments (x) | trackback (x) |
須坂新聞 つれづれ歴史探訪 2012年3月31日号




須坂市探検隊の小林です。

須坂新聞の「つれづれ歴史探訪」という企画があります。
須坂市内の文化財を紹介していく内容です。


2012年3月31日号では、私が「青木小路」について紹介させていただきました。



青木小路は劇場通りより入る道幅が3mほどの小路です。
小路の両側に白漆喰の壁、奥には木造3階建ての繭蔵の跡などがあり、とても風情のある小路なのです。



☆青木小路
http://www.suzakamap.com/map.php?id=44#g_map



| メディアによる紹介 | 04:12 PM | comments (x) | trackback (x) |
須坂景観づくりの会 黒壁プロジェクト始動のニュース



須坂新聞2012年3月3日号の裏面一面に掲載をしていただきました。

以下記事の引用


若手経営者ら景観づくりの会設立へ

市内若手経営者ら30代が中心となって先ごろ、「須坂景観づくりの会」を立ち上げた。活動の第一弾は須坂黒壁プロジェクト。須坂病院東交差点から本上町公会堂を抜け、劇場通りを横切り、国道406号へ至る小路沿いを黒壁や黒格子戸で景観整備を図り、須坂クラシック美術館(東横町)から市ふれあい館しらふじ(本上町)へ観光客を導く、生活感あふれるまち歩きコースを提案する。
現在会員は12人。代表は小林義則さん(36立町)。昨年11月、住民主体のまちづくりに取り組み、住民生活の向上を図り、経済活動の活性化によって人口や観光客の増加に寄与したいと準備会を立ち上げた。
小林代表によると、きっかけは新潟県村上市で視察した黒塀プロジェクト。平成14年から歴史的建物が集まる小路でブロック塀を壊さず上から木の板を打ち付け、黒く塗る「黒塀一枚1000円運動」を展開。17年までに所有者の協力で約160メートルが作られ、さらに延びているという。
小林さんは平成21年に初めて現地を訪問して代表に会った。
また、須坂の町並みガイドで案内する経験から、小路を抜け、市民の生活に触れることが来訪者に喜ばれることも実感していて、小路に着目し、統一感や一体感を出す方法を検討してきた。
今年1月から所有者に会って個別に話を向け、現在11軒から同意を得ているという。
小林代表は取材に「クラシック美術館としらふじを結ぶ道は寺町(勝善寺と寺町通り)や商業の道(劇場通り)、物流の道(旧大笹街道国道406号)の主要な道を結ぶ生活道。通りの統一感をつくりたい。基礎工事は業者が行い、黒板壁の簡易作業は子供たちやボランティアの力を借りて行いたい。人が歩くことで経済効果が生まれるが、まずは地道に理解者を増やしていきたい」と話す。
今回提案する小路ができると、銀座通り-本町通りを周回する中心市街地まち歩きコースともなり、蔵のまち須坂の魅力向上につながりそうだ。
会は地域全体の「自活力増進」を願う。今後発会式を予定する。





須坂景観づくりの会の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.suzakamap.com/project/index.html



PDFファイルにて、須坂黒壁プロジェクトの詳細もご覧になれます。
http://www.suzakamap.com/project/kurokabe.pdf




須坂景観づくりの会の活動は、須坂を愛する皆様からの募金によって成り立っています。
このプロジェクトに賛同いただけるようでしたら、1口1000円のご寄付を下記銀行口座にお振込みください。複数口も大歓迎いたします。

銀行口座:八十二銀行須坂支店
(普)943640
名義:「スザカケイカンヅクリノカイ」



何卒ご協力のほどお願い申し上げます。



| メディアによる紹介 | 10:31 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑