■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2018年08月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




脱穀後の紫米の田んぼ



須坂市郷土食探検隊の小林です。

先日稲刈りが行われた紫米
普段は果樹農家を営んでいらっしゃる神田さんに育てていただきました。
果樹の収穫で忙しい中、11月1日に紫米の脱穀が行われました。


その後、田んぼに行ってみると、先日までハセかけがしてあった稲が綺麗に無くなっていましたよ。


今年の紫米の出来はどうだったのか気になります。



| 紫米の成長記録 | 03:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
稲のハセかけ




須坂市郷土食探検隊の小林です。

本日は須坂市探検隊のメンバーで神田さんの田んぼの「ハセかけ」を手伝いました。
ハセかけとは、刈って束にした稲穂をハセと呼ばれる物干し竿のような所に逆さにかける作業です。
ハセかけによって、稲穂は乾燥しますし、稲にある旨みを含む養分が穂にいき、より美味しい米になるのです。

ハセかけの様子はこちら


今回は紫米の予行練習ということで白米の稲をお手伝いしました。
美味しいお米にするために、こんな重労働ををするとは・・・
農家さんって本当にすごいなぁと感じたと共に、この大変さを多くの方々に知っていただき、食べられることのありがたさと感謝の心を感じてほしいと思ったのでした。




一町分(100m×100m)のハセかけに男4人でおよそ2時間かかりました。
皆ヘトヘトです。




| 紫米の成長記録 | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
紫米のハセかけ



須坂市郷土食探検隊の小林です。

先日稲刈りをした紫米ですが、本日田んぼに行くとハセかけをしてありました。
ハセかけとは、刈って束にした稲穂をハセと呼ばれる物干し竿のような所に逆さにかける作業です。
ハセかけによって、稲穂は乾燥しますし、稲にある旨みを含む養分が穂にいき、より美味しい米になるのです。

朝晩に湿り、昼間乾燥することによって稲穂に養分が集まり、乾燥もいい具合に進んでいます。

やはり自然乾燥させたお米は美味しいのだとか・・・。

もうしばらく乾燥させて脱穀を行います。



| 紫米の成長記録 | 10:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
稲の脱穀



須坂市郷土食探検隊の小林です。

本日は、紫米<ムラサキマイ>の脱穀を前の練習を兼ねて、普通の稲の脱穀を行いました。
田んぼは、紫米を育てていただいている神田さんの田んぼです。

この田んぼでは、先日「ハセかけ」を行った田んぼです。
その時の様子はこちら


ハセに干してある稲を順番に脱穀機の中に入れていきます。
脱穀機の中では、稲穂からモミだけが取り除かれ、モミは専用の袋の中へ、穂のとれたワラは横に置けれます。


脱穀の動画はこちら



モミは30kgずつに袋に分けられます。
ワラは家畜の餌などとして利用されるので、およそ16束ずつに紐でまとめるのです。ワラをまとめるのは人力です。

1町歩<イッチョウブ>の田んぼの稲を脱穀するのに、6人かかりで3時間ほど要しました。
もしも脱穀機が無ければ一日で終わったかどうか・・・


紫米の脱穀に向けて、良い練習となりました。



| 紫米の成長記録 | 11:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
紫米の稲刈り



須坂市郷土食探検隊の小林です。

本日いよいよ神田さんが育てている紫米の田んぼにて稲刈りが行われました。

先日の台風によって倒れてしまった稲が心配だったのですが、神田さんは慣れた手つきで稲刈り機を操作して難なく刈り取ってしまいました。

稲刈り機ってすごいですね。
倒れた稲でも立てて刈り採り、ある程度の量を刈り取ると自動的に紐で縛ってくれるのです。
3畝<セ>ほどの紫米の田んぼも、あっという間、30分ほどで刈り取ることができました。
これが人力だと、慣れた農家さんでも1日かかるということですので、機械のすごさがわかります。

稲刈り機の作業動画はこちら


神田さんが、「紫米は稲の切り口が紫色をしている」と教えてくれました。
よくみると確かに紫色をしています。
特徴が一目瞭然ですね。






さて、稲刈りがスピーディーだと困ってしまうのが、田んぼに住んでいた生き物たちの引越しです。

カエルにイナゴにカマキリ。


それぞれがイソイソと移動していましたよ。












| 紫米の成長記録 | 10:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
台風が過ぎ去ったあとの田んぼ



須坂市郷土食探検隊の小林です。

久々に本土を上陸した台風18号。
大型台風だったので、全国各地に災害を引き起こしました。

長野県須坂市を通り過ぎたのは本日の午前中。

今まで丹精込めて育ててきた作物が心配で、台風が通り過ぎた午後に神田さんが育てている紫米の田んぼに行ってみました。


強風のために、先日よりも大きく稲が倒れています。

こんなに倒れた状態で稲刈りができるのでしょうか?


稲刈りの予定は来週中。


この後も無事に作業が進めることができれば幸いです。



| 紫米の成長記録 | 03:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
倒れた稲



須坂市郷土食探検隊の小林です。

本日は紫米を育てている神田さんの田んぼに行ってきました。

田んぼの真ん中の稲が丸く倒れてしまっています。
外国などで見るなんとかサークルみたいですね。

穂が大きく実って重さが増してくると、強風の影響で稲が倒れてしまうことがあるそうです。

穂は丸々と実り、もういつ収穫を行ってもいいといった感じです。

今週、来週あたりの天気が良い日には稲刈りが行われます。



| 紫米の成長記録 | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
稲穂とトンボ



須坂市郷土食材探検隊の小林です。


本日は神田さんが育てている紫米の田んぼへ行ってきました。
稲穂はだいぶ丸々としてきましたね。
色も黄色くなりました。

田んぼの畦道を歩くとこんな感じです。


稲穂の間に、トンボが羽を休めていました。


もうすぐ稲刈りの季節を迎えます。



| 紫米の成長記録 | 03:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
いなご発見



須坂市郷土食探検隊の小林です。

本日神田さんが育てている紫米の田んぼへ行ってみると、田んぼの周りの草が綺麗に切られていました。
農家さんって畑の周りの環境も綺麗にしなきゃならないのですね。
本当に大変ですね。

草を刈っていただいたおかげで、田んぼの状況をよく見ることが出来るようになりました。
先日伺ったときよりも若干穂が大きくなった感じがします。


田んぼの畦道を歩いていると、横からぴょんぴょんと何かが飛びます。
最初はカエルかなと思って見てみると、

なんと、「いなご」でした。

もう出てきているんですね。
(画像の中央にいるのがわかりますか?)



| 紫米の成長記録 | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
紫米の稲穂



須坂市郷土食探検隊の小林です。

神田さんが育てている紫米の稲穂は、日に日に大きくなっています。
田んぼはどちらかというと平坦な土地にあるので、風通しがいいのですよ。

風に揺られる稲穂はいいですね。


まだ緑色の稲穂です。



| 紫米の成長記録 | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑