■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2018年11月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




 

箱膳による食事会 日滝地域公民館開催



須坂市イベント探検隊の小林です。


本日、須坂市日滝地区の地域公民館にて
「箱膳を使った食事会」
が開催されました。



箱膳とは、食器・箸の入った箱が膳となり、個人個人の食事が膳に盛り付けられたもので、戦前までは主流だった食事の方法です。

家族が列、または和になって膳を並べて食事を行うのが一般的です。


個々の膳と器は小学生位になると与えられ、長い間使われます。
また、おかずが大皿に盛られることはないので、それぞれが食べられる分だけを盛り、残すことは許されないのです。

食事の作法は、現在の和気藹々とした食事の時間とは程遠く、
「箸は正しく持つ」
「瀬戸物の音はさせない」
「噛む音はさせない」
「食事を口に入れたまま話はしない」
など、厳しくしつけられていました。

また、食事の最後に漬物を2切れほど残し、お椀にお湯を注ぎます。
注がれたお湯でお椀、皿を漬物で綺麗にし、最後は飲みます。
そして膳にかけられた布で全ての食器を拭くのです。


こうした食事作法が良いか悪いかは別として、物や食べ物を大切にする心。
自分のものは自分で片付けるという家族一人ひとりの役目。
そして家族の和。

そんなことを学ぶことができるのです。






参加者は、懐かしい箱膳を前にも改めて自分たちの生活を見直す機会になったようでした。













| 須坂のイベント探検隊 | 10:30 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑