■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
<<前月 2018年09月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




 

地域資源の活用によるまちづくりの意見交換会




一般財団法人須坂市文化事業団から、東京大学文学部と信州大学工学部との意見交換会が開催されるのでその懇談会への出席をお誘いいただきました。
須坂景観づくりの会から6名の理事が出席させていただきました。

概要としては、文化政策を中心としたまちづくり提案のため、地域資源・文化施設のさらなる活用とネットワーク化に向け、須坂市と大学が連携する蔵の町並みキャンパス事業のさらなる活用をつうじ、地位資源の特性を研究する。ということが挙げられ、それぞれの立場から活動の内容や今後の目標などを意見交換することができました。


東京大学の生徒からは
「須坂の文化施設は点在していると聞いていたがさほど気にならなかった。公共交通手段さえ整っていれば観光客も簡単に周遊出来活用できる。」
「通り沿いの町並み整備は出来つつあるが、町並みの奥にこそ魅力がある」
「小布施町は作ってきた町並みであり須坂市は保存してきた町並み。小布施町のPR方法を真似しては効果は望めない」
など有意義な意見をいただきました。


須坂景観づくりの会としても、お聞きした意見を参考にして今後の活動に活かしていきたいです。



| 須坂景観づくりの会 | 06:11 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑