■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<前月 2018年04月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




 

郷土愛育成授業 須坂小学校4年竹組




須坂景観づくりの会です。

2013年度須坂景観づくりの会では郷土愛育成事業として、須坂市立須坂小学校の授業の中で須坂の町の魅力を一緒に発見していく事業を行います。

本日は4年竹組の生徒と一緒に須坂の町を探検しました。
須坂の歴史的建物を勉強するということで、須坂クラシック美術館に行きます。
須坂クラシック美術館までは3班に分かれ、各班別々のルートで須坂の町並みを見学しました。

見学後、学校に戻り、各班が見学してきた町並みについて発表を行いました。
普段見慣れている町並みも改めて見てみると新しい発見がいくつもあります。生徒たちにも須坂の町並みの魅力を知っていただきました。








須坂景観づくりの会郷土愛育成事業
須坂市立須坂小学校4学年

■テーマ
須坂で栄えた製糸業の産業遺産

■目的
4学年では地域を開いた人物として郷土の歴史について学ぶとお聞きしました。須坂の製糸業は明治初期から昭和初期まで栄えました。須坂の製糸産業で特徴的だったことは小規模の製糸工場が数多くあったことです。官営の大規模工場で生産される生糸に負けない品質の生糸を出荷するため、須坂では早い時期から水車を動力にした器械製糸業が取り入れられ、小規模な工場たちが力を合わせて結社を作りました。結社では生糸の価格や品質、働き手の労働環境に至るまで規定や審査場を取り決めていました。須坂の製糸業を語る上で越寿三郎氏は必ず学ぶべきなのですが、彼を取り巻く環境や当時の須坂の製糸業についても学ぶことで、学習を更に深めることにつながります。また、未だ数多く残る製糸の産業遺産を見学することで、郷土の歴史と町づくりについて学べます。

■各班コース
1班:小学校・・・・寿泉院・・・・泉小路・・・・劇場通り・・・・青木小路・・・・大門通り・・・・クラシック美術館
発表ポイント: 寿泉院前石碑、スミサカ電気、劇場通り、大門通り
2班:小学校・・・・新町交差点・・・・旧須坂商業銀行・・・・勝山宅・・・・銀座通り・・・・クラシック美術館
  発表ポイント: 新町の町並み、旧須坂商業銀行、勝山さんの家、まゆくら
3班:小学校・・・・遠藤酒造・・・・中町・・・・旧小田切家・・・・蔵のまち通り・・・・クラシック美術館
  発表ポイント: 遠藤酒造場、中町の町並み、裏川用水、観光交流センター








2013k




| 須坂景観づくりの会 | 09:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑