■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<前月 2018年04月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




 

郷土愛育成授業 須坂小学校6学年



須坂景観づくりの会です。


2013年度須坂景観づくりの会では郷土愛育成事業として、須坂市立須坂小学校の授業の中で須坂の町の魅力を一緒に発見していく事業を行います。

本日は6学年の生徒と一緒に須坂の町を探検しました。


6学年の目的地は豪商の館田中本家博物館。
昔の須坂の商売を学ぶと共に、田中本家ではどのような商売をおこなって成功を修めたのかについて学びました。
商売の話とあってか、皆真剣に話を聞いていました。






博物館の見学後、学校に戻り改めて田中本家の商売について班ごと発表をしました。












須坂景観づくりの会郷土愛育成事業
須坂市立須坂小学校6学年

◆テーマ
江戸時代の須坂の商売を知る。

◆授業の目的 
江戸時代、須坂藩は1万石ほどの小藩でしたが、藩主は外国奉行を務めるなど幕府の要職についています。その背景には、須坂藩を守り立てていた商人の存在がありました。
その中で代表的な商人が田中本家です。
田中本家は須坂と江戸とをつなぎ商売をすることによって財をなしました。

授業の中では、田中本家博物館を見学するなかで、田中本家が当時、商っていた商品、何を商っていたのかについて考えてもらい、教室に戻ってから各班で話してもらい答えを発表してもらいます。

江戸時代の田中本家商いは、穀物、味噌、醤油、お酒、菜種油、煙草、綿花、など幅広く、現在も須坂の商店が扱っているものが多くあります。
博物館では、展示物を見たりや土蔵にも入ってもらいヒントになるようなもの見てもらいながら想像してもらいます。






2013k




| 須坂景観づくりの会 | 12:37 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑