■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<前月 2018年04月 次月>>
■活動別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■運営者■
■須坂市探検twitter■
■携帯で須坂探検ブログ■
携帯で須坂探検ブログ




須坂新聞 平成26年7月12日号



須坂景観づくりの会です。
6月27日に開催した「須坂の町づくり講演会」の模様を須坂新聞にてご紹介いただきました。


記事の内容は以下の通りです


恵まれた資源生かして
須坂景観づくりの会 西村所長が講演

須坂景観づくりの会(小林義則理事長)はこのほど、メセナホールで「須坂のこれまでとこれから」と題し、町づくり講演会とパネルディスカッションを開いた。
講演会は東大先端科学技術研究センター所長の西村幸夫さんが「外から見た須坂の姿」の演題で話した。都市保全計画や都市景観計画などが専門の西村さんは、平成元年の伝統的建造物群保存対策調査(文化庁補助)等さまざまな調査や研究でたびたび須坂市を訪れている。
西村さんは蔵の町並みの昔と今の写真を示しながら「普通の町だと何もしないとどんどん壊れてしまうが、しっかりと守られている」と評価。建造物については「立派で一つ一つ建物に個性があるのが須坂の蔵の特色。製糸業で栄え、財力のあった企業家たちが自分の主張を作品として建物に込めたのでは」と説き、ぼたもち石積みや芝宮神社の灯籠・太鼓橋、市内各所に多くある石のモニュメントなども面白いとした。
「住んでいる人は昔に比べると変わってしまったと思うかも知れないが、久しぶりに来る人間からすると、まだまだよく残っていると思う。これからの町づくりを進めていく中で、すごい資源に恵まれた町」と期待した。
パネルディスカッションは日本地域科学総合研究所理事で地域専門士の若狹清史さんを進行役に「須坂のこれまでとこれから」について、パネラーの西村さん、三木正夫須坂市長、小林理事長の3人がさまざまな考えや意見を述べ合った。
同会は市内の若手経営者らが中心となり、町の自活力増進と郷土愛の育成を図ることを目的に2012年5月に発足。景観づくり事業として塗り壁(白)の歴史的建物が引き立つよう、小路の板塀や格子戸を黒で統一する「須坂黒壁プロジェクト」や、地元小学生に町の素晴らしさを教える郷土愛育成事業などに力を入れている。



平成26年(2014年)7月12日須坂新聞4ページ





| 須坂景観づくりの会 | 05:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
旧小田切家住宅の工事



須坂市春木町の旧小田切家住宅の改修工事が始まりました。
工期は2016までの2年間の予定です。

最初に「離れ」の解体撤去作業が行われ、今後の工事のための庭園部分の整地が行われます。
同時に車寄せ、水車小屋についての解体修復工事も行われる予定です。


須坂市の歴史的資産である旧小田切家住宅の保存活用にための復元修理工事から目が離せません。



| 須坂町並み探検隊 | 01:54 PM | comments (12260) | trackback (0) |
岡学園の生徒さんへの町案内



平成26年信州須坂蔵の町映画祭は8月12日に決まりました。
その中で「SUZAKAショートムービーコンペ」が開催されます。
およそ3分間の映像を一般募集し、映画監督や俳優さんに審査いただくイベントです。

本日は、多数の作品を応募いただける長野市の岡学園の生徒さんたちに向けて、須坂の町をご案内しました。


若い感性で楽しい作品が出来上がりそうです。



信州須坂蔵の町映画祭公式ページ
http://www.suzaka.or.jp/suzakacinemas/















| 須坂町並み探検隊 | 01:03 PM | comments (x) | trackback (x) |
須坂の町づくり講演会



須坂景観づくりの会です。


昨年10月に須坂市景観計画が施行されました。
これは、将来に向けてより良い景観を育成するためのルールといえます。

須坂市では、これまでどのような町づくり、景観づくりを行ってきたのか、そして、これからどのような町づくりを行っていくべきなのか。一緒に考えてみませんか?

須坂景観づくりの会では下記の日程にて「須坂の町づくり講演会」を開催します。
週末の夜ということで何かとお忙しかと思いますが、須坂市の今後のために是非ご参加ください。

日時:2014年6月27日(金)17:30会場
会場:メセナホール 小ホール
参加費:無料

一部講演会
講師:西村幸夫
東京大学先端技術研究センター所長
昭和63年度須坂の歴史的建物を生かしたまちづくりのための調査をしていただく。平成元年伝統的建造物群保存対策調査の調査団として須坂にお越しいただく。

二部パネルディスカッション
パネラー:西村幸夫(東京大学先端技術研究センター所長)三木正夫(須坂市長)小林義則(須坂景観づくりの会理事長)
コーディネイター:若狹清史(日本地域科学総合研究所・地域科学専門士)





講演会パンフレットはこちら
http://www.suzakamap.com/project/140627.pdf



| - | 01:46 AM | comments (14773) | trackback (0) |
須坂新聞による紹介【須坂西宮神社奉賛会】



須坂西宮神社奉賛会です。

2014年5月10日にえびす宮総本社西宮神社において開催された代々神楽祭において、須坂西宮神社奉賛会会長が全国の代表で玉串奉奠をしました。
その話題について、須坂新聞でご紹介いただきました。


以下記事を転用


全国の講代表で玉串奉てん
須坂西宮神社の小林奉賛会長 本社の太々神楽祭に参拝団

須坂西宮神社奉賛会(役員12人、会員63人)は、毎年5月に「太々神楽祭」が開かれる本社「えびす宮総本社西宮神社」(兵庫県西宮市)に参拝するが、10日、全国各地の講(参拝団)を代表して小林義則会長(38.須坂市立町)が玉串奉てんを行った。昨年の同祭で宮司のくじ引きにより戎賞(えびすしょう)を引き当てたことから大役を務めた。大役は20年ぶりという。
須坂西宮神社(春木町.芝宮墨坂神社境内)は明治29(1896)年11月に本社から勧請(かんじょう)され、115年が経過する。
須坂町の有力商業者が世話人となり、明治25年に須坂小売商業組合をつくり、同29年社殿を建立。現在まで続くヱビス講の祭典と遷宮大典を同29年11月19日〜21日に行った。
須坂西宮神社も祭事は、1月10日の初えびすから、4月2日、6月2日、9月2日、12月2日の春季・夏季・秋季・冬季月次祭▽11月2日の例大祭(ヱビス講は3日)▽12月中の大祓え▽12月31日の歳旦(さいたん)祭と続く。
奉賛会の会員は市内商店や個人。今年は小林会長と役員3人が本社に参拝した。
10日は本ヱビス講社の太々神楽祭。約600人が出席し、講員の繁栄と講社の発展を祈願した。小林会長の動作に一同が同拝した。
祭事後、4人は西宮神社会館で直会(なおらい)にも出席した。483人が一堂に会した。須坂奉賛会会長の席は最前列の宮司の隣が毎回指定席。また、須坂の役員席は前列中央が定位置という。
直会開始の発声も務めた小林会長は、平成24年1月の就任以来、2回目の出席(おととしは田中和仁副会長が代理であいさつ)。
13日の取材に小林会長は「須坂奉賛会の位置づけが本社の中でずっと上位にあり、到着から手厚い歓迎を受けた。先人が信頼を築かれたことをあらためて感じ、後世に伝えていかなければならない。玉串奉てんは、全国の代表として国家安泰と諸業繁栄を祈願した。お宮を介して人と人や地域のコミュニケーション、信頼を見直し、立派なお宮が須坂にもあることを広く再認識してほしい」と話す。



平成26年5月17日須坂新聞




| メディアによる紹介 | 12:37 AM | comments (x) | trackback (x) |
太々神楽祭に参加



須坂西宮神社奉賛会です。

毎年5月10日に西宮神社総本社(兵庫県西宮市)にて開催される太々神楽祭に参列しました。
昨年の祭りで「戎賞(えびすしょう)」を引き当てたことで、本年は須坂西宮神社奉賛会会長が全国の代表として玉串奉奠をさせていただきました。
神楽祭に参列したおよそ600人が、小林義則会長の動作で一斉に同拝をしました。


その後の直会(なおらい)の席では、例年通り最前列に席が設けられ、須坂西宮神社の地位の高さを実感しました。















| 須坂西宮神社奉賛会 | 10:35 AM | comments (x) | trackback (x) |
歴史的建物への移住募集



須坂市北原町から穀町に続く「泉小路」が拡幅工事を行います。

道路の拡幅に伴い、明治期に建築された金物店が取り壊される危機を迎えています。
もしも期限内にご購入いただける方が現れれば、取り壊しはせず、「曳家」によって移動されます。
建物の広さは80坪となります。

元々は須坂藩御用達の金物店でしたので、店舗部分は土間となり、母屋も品のある内装となっています。
店舗などの活用目的にご購入いただけますと行政の補助も若干ですが利用できます。古民家にご興味があるかたは是非ご連絡ください。

返答期限は5月中とのことです。
少しでも興味がある方はご連絡ください。





























| 須坂の空き家めぐり | 04:33 PM | comments (x) | trackback (x) |
桜の名所ご案内



蔵のまち信州須坂観光ガイドの小林です。

須坂市内には臥竜公園をはじめとする桜の名所が数多くあります。
http://www.city.suzaka.nagano.jp/enjoy/kankou/sakuramap/


桜の季節になると、須坂の桜を目当てに長野県内外から多くの観光客が訪れ、蔵のまち信州須坂観光ガイドによって須坂の桜の名所をご案内させていただきます。

本日も関東方面より須坂の桜を楽しみにお越しいただきました。
須坂市内の桜は、ソメイヨシノだけではなく、枝垂れ桜や江戸彼岸桜など様々な種類の桜を広い範囲でお楽しみいただけます。



臥竜公園入口





大日向観音堂の夫婦桜





長妙寺の枝垂れ桜






豊丘延命地蔵堂の江戸彼岸桜








須坂市内の観光ガイドのご用命は蔵のまち信州須坂観光ガイドまで
http://www.suzaka-kankokyokai.jp/guide.php



| 蔵のまち信州須坂観光ガイド | 01:16 PM | comments (x) | trackback (x) |
信州すざか 桜めぐりウォーク



蔵の町信州須坂観光ガイドです。

本日、須坂市観光協会主催の「信州すざか 桜めぐりウォーク」が開催されました。
参加人数は47名。

臥竜公園、興国寺、大日向観音堂、普願寺、田中本家博物館と回りました。
どこの桜も満開で、参加者も大満足。
行く先々での団子やおでんも一層おいしくお召し上がりいただけました。














| 蔵のまち信州須坂観光ガイド | 10:30 AM | comments (x) | trackback (x) |
2014年春季月次祭



須坂西宮神社奉賛会の小林です。

2014年春季月次祭が行われました。
宮司によって祝詞があげられ、奉賛会会長によって玉串奉奠が行われました。


春季月次祭後の会議では奉賛会3役の改選が行われ、役員の盤上一致により昨年同様の3役が再選をしました。
また、本年5月に開催される本えびす講社太々神楽祭では、全国の代表として須坂西宮神社奉賛会が玉串奉奠をさせていただくことになっています。当日までの段取りについて会議が行われました。



| 須坂西宮神社奉賛会 | 02:04 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑