須坂市探検マップ| 山下薬局ブログトップページ
■初めてご来店の方へ■
■店舗情報■
■カテゴリー別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■山下薬局twitter■
■携帯で山下薬局ブログ■
携帯で山下薬局ブログ
 

二日酔い
お酒?・・・・そりゃもう好きです。
大好きです!
晩酌もいいけど気心知れた仲間と飲む酒は最高です。会合や接待などの席は窮屈な時もあるけど、飲み始めれば関係なし!ワイワイやるのが好きなんです。
学生時代はスポーツをやっていたので、体育会系のノリでそれこそ”浴びるように”飲んでいました。

皆さんはお酒好きですか?
ビール派?焼酎派?それともワイン派?
仲間と楽しいひと時、ついつい飲み過ぎてしまうことありますよね。
ってことは、二日酔いの経験もありますよね。

つら〜い頭痛、吐き気、のぼせ、イライラ、下痢、目の充血、顔や足がむくんでパンパン。
あ〜 どうしよう〜 今日仕事なのに〜 今日デートなのに〜

さあ どうしましょう

漢方にしましょう



アルコールは体内に入って分解される過程で「アセトアルデヒド」という物質ができます。コレが二日酔いを引き起こす犯人です。

 アルコール-------アセトアルデヒド--------酢酸
       ↑            ↑
  アルコール脱水素酵素   アセトアルデヒド脱水素酵素

この有害なアセトアルデヒドは「アセトアルデヒド脱水素酵素」によって処理されるんですが、この酵素の処理能力を超える量のお酒を飲むと不快な症状があらわれるんです。
この酵素の能力は人によって違います。人種によっても違います。日本人の約半分は「低活性型」か「不活性型」つまり、お酒が弱いんです。(ちなみに日本では九州、東北地方に酒豪遺伝子が多いとのこと)

アセトアルデヒドの血液中濃度が高くなることで現れる不快な症状は、漢方でいう湿熱の症にほぼ一致します。
”酒は少量では、気血を推動し、精神・肉体を快調にするが、過度に飲むと湿を停滞させたり内熱を引き起こし、さらに湿熱が胃気を上逆させる”
赤ら顔・熱感・ノドの渇き・目の充血・のぼせ感・頭痛・吐き気・食欲がない・軟便・だるさがまさにそれに当たります。

漢方はこれらの症状をスーっと楽にしてくれます。
私も何度か飲んだことがありますが、気が付くと「あっ、楽になってる!今日もお酒飲んじゃおう」なんて感じです。

では、実際に何を飲んだらいいのか?


代表的な漢方薬をいくつか挙げてみます。
生薬は何と何が入っているとか、漢方的な難しい説明は無しにしたいと思います。

五苓散(ごれいさん)
  ・・・水分の代謝を良くするので、嘔吐、むくみ、ノドの渇き、下痢の症状にオススメです。
    ノドが渇いて、たくさん水を飲むけどお腹がはるときに良いです。
    お酒を飲む前にコレを飲むのもアリです。もちろん次の朝にも。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
  ・・・赤ら顔、目の充血、口やノドの渇き、のぼせ、気分が悪くオエッっとなる、お腹の張り
    つまり典型的な二日酔いの症状の方にオススメです。
    その名の通り解毒してくれます。

半夏しゃ心湯(はんげしゃしんとう)
  ・・・胃腸の症状がひどい方にオススメです。
    吐き気や実際に吐いてしまう、下痢やお腹が鳴るような場合に。

この他にもあなたのタイプによって三黄しゃ心湯(さんおうしゃしんとう)、柴苓湯(さいれいとう)、梔子柏皮湯(ししはくひとう)、いんちん五苓散(いんちんごれいさん)、平胃散(へいいさん)なども使います。

あなたに合った二日酔いに効く漢方を見つけてみませんか?
お近くの漢方薬局でお尋ねください。


つら〜い二日酔いには漢方がズバっと効きます!


”今日これから飲み会、でも明日に残したくない!”
”この二日酔い何とかしたい!”
そんな方は当店に寄ってってくださいね。


「飲む前に山下薬局!」




| 二日酔い撃退! | 01:34 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑