須坂市探検マップ| 山下薬局ブログトップページ
■初めてご来店の方へ■
■店舗情報■
■カテゴリー別記事■
■最新記事■
■リンク集■
■山下薬局twitter■
■携帯で山下薬局ブログ■
携帯で山下薬局ブログ
 

クコの実のすすめ
平成22.7.28〜県立須坂病院出前講座として毎月第4水曜日に「楽しい太極拳と漢方医学」が開催されています。
講師は県立須坂病院 漢方内科医師である布施 修先生です。

開催場所は須坂市の中央公民館
開催時間は午後7:30〜午後8:30
なお、9月以降の開催予定日は9/22 10/27 11/24 12/22 1/26 2/23 3/23です。
事前申込不要!参加費無料!
詳しいお問合せは中央公民館(電話:026-245-1598)までどうぞ。


私、布施先生に10年程前に出会って以来、多くの事を学んできました。

中医師として世界中を飛び回っていた頃の話や、もちろん漢方薬の話も・・・とにかく、話が面白くて・・

そんなこんなで、今回のこの講座に行ってみました。

太極拳・・楽しいけど難かしい!疲れる!当たり前ですが、簡単に習得できるもんじゃありません。

太極拳が一段落したあとは、食事療法の話があります。

食用油の話や、野菜の話など日常生活に役立つ話が聞けます。

その時に参加者に配られた1枚の紙がありました。

内容はクコの実について布施先生が書かれたものです。

漢方薬をもっと身近にという思いから、布施先生に伺ってみました。

「この文章を、そのまま私のブログに載せて紹介してもいいですか?」

「どうぞ、どうぞ」

ということで、“クコの実のすすめ”をそっくりそのまま掲載させていただきます。



クコの実のすすめ


今年の5月より須坂病院で漢方内科を担当させていただきました。
人口に対する漢方薬の使用量は、全国で長野県が18位であるという統計結果を知りました。
日常の診療に漢方に対する期待が深く感じられました。
この2ヶ月に漢方薬のエキス剤だけでなく、生薬、特にクコの実を多く処方しました。
クコは小形の落葉低木で、北海道を除く日本全国各地に自生または栽培されています。
クコの薬効は古くから知られています。
中国の古典にはクコに関する面白い伝説が記されています。
昔、ある役人が歩いていると、15〜16歳くらいの少女が90歳くらいのあばあさんを殴っている。
ところに通りかかりました。役人はすぐさま止めに入り
「なぜ年寄りをいじめるのか」と少女を厳しく問いただしました。すると少女は
「これは私の曾孫ですよ。良薬があるのにどうしても飲まない。そのせいでこんなに
年をとって弱くなり歩けないから罰しています。」と言います。
「あなたは一体おいくつですか?」役人がビックリして聞くと、少女はこう答えました。
「実はもう373歳です。飲む薬はただ一つ。その名前は5つあり、春に天精、夏に長生、
秋にクコ、冬に地骨 仙人杖、或いは西王母杖。
200日続ければ肌はツヤが出てスベスベに、300日で馬に負けないくらい走れるように
若返り、飲み続ければ長寿になるのです。」
この妙薬は現在では漢方薬のクコであると言われています。
これは伝説ですので、実際には300年は生きられないでしょうが、クコには確かに優れた
薬効があり、中国では古来から長寿の薬として使われてきました。
一般には実、葉、根皮を薬用に使用し、それぞれクコシ、クコヨウ、ジコッピと薬名があります。
服用方法は煎じてお茶のかわりに飲んだり、クコシを酒に漬けて薬酒にしたりします。
クコの実と根が日本薬局方に、中国の「薬典」に、葉が日本薬局方外生薬規格に載せられています。
一種の植物から三つの生薬が記載されるのはクコ以外にありません。
近年、医学の研究では、クコの実には、抗疲労抗老化作用、免疫賦活作用、肝細胞保護作用
抗脂肪肝作用、血中脂肪降下作用、血糖降下作用、血圧降下作用などが判明しました。
クコの実は食用でもあり、鮮やかな朱色で杏仁豆腐に乗せられることでよく知られています。
昭和40年頃に日本でクコブームが起きたことがあります。
クコの実は薬性が穏やかで、長期間飲んでも副作用の心配がありません。
苦味が無くわずかに甘い味ですので、速攻を求めず長く服用すれば必ず効果が現われると思います。


以上が参加者に配られたものです。
ここからは、私の意見ですが・・
ただ一つ注意していただきたいことがあります。
このように書くと、「クコが良いクコが良い」となって、そればかりに目が行ってしまいがちです。しかし、中医学の考えは「バランス」が基本。つまり、クコばかりを多く摂ってもなんの意味も無いということを覚えておいてくださいね。
布施先生も、いつも「バランスが大事」と言ってます。
過大評価をせず、かといって過小評価もしない。何千年も食用に、薬用になっているのには、それなりの理由があるのですが、くれぐれもそればかりを求めないようにすることが必要です。


こういった興味深い話を直接聞きたい方は上述した講座に来てみてください!

また、おもしろい話があればブログに書きたいと思います。



| クコの実のすすめ | 02:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑