長野県須坂市の歴史、文化、町並みを情報発信

須坂マップ








須坂市探検隊


(2006.06.22)
越寿三郎の敬神崇祖



以前このページで紹介した「須坂教会」の一文に
「須坂市では製糸王「越寿三郎」が渡米してクリスチャンとなり・・・・・」
という説明がありました。
この文につきまして、ご指摘をいただきましたので、再度色々な資料を元に「越寿三郎の敬神崇祖<ケイシンスウホ>」について調べてみました。

☆「須坂教会」紹介ページ

http://www.suzakamap.com/tanken/page.php?_id=70




僕が越寿三郎が渡米した際にクリスチャンになったと知ったのは
「須坂教会80年史<日本キリスト教団須坂教会発行>」を読んだ時のことです。
この記述がどの文献を参考に書かれたかはわかりませんが、確かに「須坂市では製糸王「越寿三郎」が渡米してクリスチャンとなり・・・・・」と書いてあります。

越寿三郎について書かれた文は須坂史の文献を読むと、いたるところに出てきますが、どの文献にも「越寿三郎とキリスト教」について触れた文は見当たりません。

それどころか
「越寿三郎は神仏に対する信仰心は深く、毎朝仏前で読経し、芝宮神社への参拝は怠らなかった」
と書いてあります。

また、上水内郡吉田町にあった信濃電気株式会社吉田営業所の庭園に大正10年頃(寿三郎60歳前後)に金毘羅神社を祀っていますし、越寿三郎の死後、その葬儀も須坂市本上町の「勝善寺」で行なわれているのです。

そのような点から考えますと、やはり越寿三郎がクリスチャンということは考えにくく、先日の「須坂教会」での記述は間違いだったと感じました。

ここで改めて間違った情報を流したことにお詫びし、訂正いたします。


今回のことで僕自身まだまだ知らないことの多さを痛感し、本当に勉強になりました。
そして更に郷土史について興味が湧いたのでした。








今回の参考文献
須坂市人物誌<須坂市人物誌編集委員会>
須坂に電燈が灯されて一世紀<信濃電気蠢藁百周年記念事業実行委員会>
越寿三郎の生涯<田子昭治著>
須坂教会八十年史<日本キリスト教団須坂教会>
写真:須坂市春木町山丸一番館(平成15年国有形文化財指定)

■この記事をご覧の方はこちらも見ています。

三峰神社

御射山祭り

墨坂神社 芝宮
 
 

WWW を検索 suzakamap.com を検索
Google
前の記事へ 次の記事へ
 

■須坂市のお店PR






Copyright(c) since2009 suzakamap all rights reserved.