長野県須坂市の歴史、文化、町並みを情報発信

須坂マップ








須坂市探検隊


(2008.02.18)
新田のクヌギ
長野県須坂市新田町には、太く大きなクヌギの大木が1本あります。

このクヌギは樹高約15m、幹のまわり4m強、枝の張りは東西30m、南北28mになります。
これだけの大木が今日まで無事だった理由は、裏の家の屋敷神として崇められてきたからだといわれています。


鎌倉時代以降の古文書には、たびたび「くぬぎ原」の名が荘園名として登場してくるそうです。
その土地名は、松川の両岸から須坂にかけての広い範囲を指した漠然とした名のようで、特定の土地ではなかったようです。

この「新田のクヌギ」をはじめ、この豊洲地区には豊宮神社、小河原神社にもクヌギの大木があります。
これらは、その昔、この地が「クヌギ原」と呼ばれていた、そんな名残なのかもしれません。










今回の参考文献
ふるさと須坂<須坂市教育委員会>
新撰須坂市の文化財<須坂市の文化財調査会>
■この記事をご覧の方はこちらも見ています。

奇妙山の信仰遺跡

翁塚「蓑虫塚」

小田切家のナシの木
 
 

WWW を検索 suzakamap.com を検索
Google
前の記事へ 次の記事へ
 

■須坂市のお店PR






Copyright(c) since2009 suzakamap all rights reserved.