長野県須坂市の歴史、文化、町並みを情報発信

須坂マップ








須坂市探検隊


(2008.07.22)
須坂の祇園祭

須坂の夏の風物詩といえば「須坂祇園祭」でしょう。

須坂市では毎年7月21日〜7月25日まで祇園祭<ギオンサイ>が行われます。



「祇園祭」とはそもそも平安時代に京都で始まった「疫病送り」の祭りです。

須坂祇園祭の傘鉾行列
須坂祇園祭の傘鉾行列
昔、京都などの人口が多く集まる都市では、梅雨のこの時期に、伝染病が流行し多くの死者が出たそうです。
その原因を「疫神<エキカミ>の蔓延<マンエン>」と考えた当時の民衆は、梅雨の時期に疫神を一ヶ所に集めて地域外に送り出す方法をとったのです。

その際疫神を集める方策として
1.神座を美しく飾り目立たせる。
2.神座を賑やかに囃したてて、生活圏をくまなく廻る
3.集めた疫神の神座は直に焼く、流す、捨てる
などを行ったそうです。
綺麗に賑やかにすることで疫神を集め、一気に倒すという方法です。

そしてこのような京都の風習が江戸時代に須坂市に伝わり、須坂の祇園祭では「墨坂神社 芝宮」において、天王さまをおまつりした神輿と共に、笠鉾<カサボコ>と屋台<ヤタイ>が繰り出すようになったです。
華やかに飾られた笠鉾が町中を廻るのは「疫神」を集める為と、御神体を警護するという2つの意味合いがあるのです。

須坂の祇園祭の歴史は、
古くは須坂藩主堀家の御霊祭として行われていたようですが、しだいに経済力をつけてきた町の衆が「天王おろし」「天王あげ」などで、綺麗豪華な笠鉾<カサボコ>や屋台を競って作り今の形となりました。

元々、天王さまは芝宮に祀られていたのではなく、須坂市本郷地区に祀られていたものを強引に芝宮にもってきた経緯もあります。


須坂祇園祭の神輿
須坂祇園祭の神輿
7月21日は神殿より天王さまを神輿へおろす「天王おろし」が、
7月25日には、神輿より神殿にあげる「天王あげ」が行われます。
神輿と共に笠鉾行列が行われれるのは「天王おろし」で、
「天王あげ」では、神輿と一緒に灯篭行列が行われます。



華やかな京都の祇園祭に憧れ、須坂で独自の文化を築き上げた「笠鉾と屋台」の行列をこの機会に直に見てみてはいかがですか?

実物は迫力ありますよ!



祇園祭の期間外には、市内の笠鉾会館にて各町の笠鉾と屋台の実物を見学することができます。






■須坂祇園祭動画





今回の参考文献
須坂の祇園祭り笠鉾<笠鉾会館ドリームホール>
笠鉾会館だより

■この記事をご覧の方はこちらも見ています。

立町の天満宮跡

お花市

中村草田男句碑
 
 

WWW を検索 suzakamap.com を検索
Google
前の記事へ 次の記事へ
 

■須坂市のお店PR






Copyright(c) since2009 suzakamap all rights reserved.